ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.10.22 13:29日々の出来事

東大のマスク実験のアホらしさ

東大がマスクの実験をして、効果ありと判定しているが、
アレを見て馬鹿だと思わない奴は本物の馬鹿だな。
これは今週末、土曜・午後8時からの生放送、
「おどれら正気か?」で検証しよう。
東大の実験の検証をしよう。
笑える予感がたっぷりだ。

もちろんユーチューブじゃ無理だ。
WHOの見解に反した意見は「削除」される。
中国みたいに、自由な言論は「削除」される。
グーグルは中国共産党的なしゃくし定規的な「検閲」
しかできないのだ。
ニコ生の方が自由なようだ。
「本」はもっと自由だけどな。

ただし本には「校閲」がある。校閲は検閲ではない。
「校閲」はむしろ必要である。
りか坊は『専門家に問い質す』なんだからと言って、
専門用語も徹底的にチェックしてくる。
たった一語のために数冊本を読まねばならなくなる。
本は言いっぱなしじゃないのだ。

東大のマスク実験の馬鹿馬鹿しさを見ぬくのは理系
じゃ無理だ。
むしろ文系の方が見抜くだろう。
君たちも挑戦したまえ。
あの実験が阿呆だと見ぬきたまえ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ