ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.10.25 10:41日々の出来事

マスクはしないよりした方がいいで済む問題か?

インフルエンザ流行時以上の対処をやる必要がない!
これは真理であり、ずっとわしが言ってきたことです。
これからも真理だから繰り返し言うしかない。

マスクを「しないよりした方がマシ」という考えは危険です。
「長いものに巻かれておけばいい」という発想が全体主義に
繋がる。
しかも、マスクで「全体主義」をつくって、「個人の自由」を
制限する動きがある一方で、手洗いの方が優先順位として
上なのに、手洗いをする人が減っているという現実がある。

つまり、マスクは「世間の目」があるからやっているだけで、
食事中に飛沫が一番飛ぶのに、外している。
まさか家庭内でマスクをつけるわけにはいかない。
そしてあきれたことに、手洗いは誰も監視してないから
やらない。
日本人の感性から、「世間の目」が生き残り、「お天道様が
見ている」という倫理観が消滅している。
それがマスクを99・9%つけていても、感染者が減らない
理由です。

マスクは感染症の権威もWHOもその効果を認めていな
かったのに、日本人に影響されて、世界に拡がってしまった。
これは科学的な現象とは言えません。
日本人の外形的な行動様式をマネても、欧米での感染は
収まらないのです。

「人種によってウィルスの影響度が違う」というナショナルな
視点を持たない限り、新コロの対処法を誤まるのに、WHO
は、「ウィルスは地球市民全員に等しい影響を与える」と
グローバリズム脳に冒されている。
そしてWHOを基準にするグーグルは、「おどれら正気か?」
の動画を削除する。

ウィルスに対する科学的な態度を徹底的に追及しなければ、
感染症の対策にならない。
東大のマネキンマスク研究は科学ではない!
科学を徹底的に追及していって、それが国ごとの伝統と
どう整合できるかを考えないと、感染症対策にはならない。

世界中がアマビエの札に頼っているようじゃ、人類は
感染症に勝てないでしょう。
『コロナ論2』で描いているので、発売されたら読んでみて
ください。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ