ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.11.5 10:08日々の出来事

タクシーが乗車拒否の権利を主張だと

大統領選挙、バイデンが勝ちそうだが、最悪の結果だ。
コロナ対策を強化しだして、マスクの義務化や営業自粛
など、クオモ知事のようなことをやり始める恐れがある。

すると日本の従米リベラル、特にモーニングショーの
ようなテレビマスコミが勢いづいて、コロナ脳を強化する
だろう。

今もテレビは非科学的なマスク全体主義の強化に余念
がないが、タクシー業界はマスクをしない客をなんと
「乗車拒否」するという。

ただでさえ客との間にビニールシートを張って、運転手
はマスクをしてるから、運転手の声が聴きとりにくく、
こちらの返事も大声を出さないと通じない。
客としては運転手の怯えに付き合ってやってるのに、
さらにマスクをしなければ乗車拒否ときた。

マスクが出来ない客は、その理由をあれこれ説明して、
運転手の裁きを受けなければならないなんて、最悪の
乗り物だ。
わしはその理由をあれこれ言いたくないから、それなら
乗らないという選択肢しかない。

酒に酔って大声を出す客がいるから、高齢ドライバー
が怖いと言うのはあろうが、本当ならそれは「覚悟」して
対処するしかないのが接客商売だと思う。

タクシーは①運転手がマスクをして、②ビニールシート
を張って、③窓の上部に隙間を空けて空気を流せば、
それで十分すぎる対策のはずだ。
この上、乗車拒否って、どこまで甘えてるんだ?

インフルエンザの流行期にも、これから同様の対策を
するのか?
わしは電車に乗らずにタクシー業界にずいぶん協力
してきたが、そろそろ電車の乗り方も覚えるか。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ