ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.11.5 13:11新刊情報

『コロナ論』で社会を、「密」を、人間を取り戻そう!

久しぶりに『コロナ論』愛読者カードの
感想をご紹介します。

 


 

この「コロナ論」にて、社会を取り戻せるのか?
小林先生の本気の戦いに私も参加したくなりました。
最終章の「濃厚接触しながら社会をつくる」という
一言に、人と人との喜怒哀楽がなければ、
人として生きる意味がないと教えていただいた気分です。
衣食住の何一つ準備出来ない私は、
経済が回らなければ死しかありません。
どんなに、電波でつながっていても、
自然界の生存競争からのがれることはできない。
十中十死の覚悟で敵艦艇に突っ込んだ特攻隊員を
ほんの少し見習って、普通に通勤通学して、
レストランに行ったり、温泉に行ったり…
0.001%の死の確率を覚悟して。
そのくらいできそうな…。
出来ないなら、いっそ滅んでも。
(東京都・43歳男性・自由業)

 


 

今日発売の週刊新潮11月12日号でも、
評論家の東浩紀氏が
「このままでは文化は滅びる
 人間にとって『密』はいかに大切か」
という論説を寄稿していて、
「ゲンロンカフェ」を経営してきた経験から、
「人と人が会って話すことで
全く違う
状況や可能性が生まれる」
「これは、効率よくオンラインで
共同作業する
という行為では実現できず、
接触なくしては不可能です」
と説いています。
全く同感です!

 

インフォデミックのデマ恐怖をうち破り、
社会を、「密」を、人間を取り戻しましょう!

そのための第一弾
『ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論』
発売中!

第二弾
『新型コロナ専門家を問い質す』
18日発売!!

第三弾
『コロナ論2』
来月発売!!!

 

 

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ