ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.12.1 17:55

お風呂場にて

ライジング流行語大賞、毎年これだけキーワードを
抜き出してくれていて、眺めるだけでも面白いなあ。

うちの漏水、1月22日発生だったのか。

実は現在、またもやお風呂の天井から漏水再発8日目
なのであった。
しかも天井電球から漏れてきたので、
危ないなと思って、電球を外そうとしたら、
思いっきり100ボルトの電流に感電して、
けっこうな勢いで、ドビリッ! 
ときた。
でも、感電の痛さよりも、「ギヤア!」
大声を出したすっきり感のほうが強くて、案外良かった。
とっさの時に「ギヤア!」ってそうそう言えないもので、
いい「ギヤア!」だったと思う。

この一週間は真っ暗なままお風呂に入っていた。
今日はようやく工事が入り、
朝8時半から業者の人や管理会社の人、大家さんが
寄り集まって、ずっと5密の自宅で原稿を書いていた。
まもなく終わるみたい


しかし、もはや漏水や感電や入浴イン・ザ・ダークな
ぐらいでは動じない女に私はなってしまったようで、

特にブログに書いていなかったなと、
流行語大賞の一覧を見ながら気が付いた。

今夜から明るいお風呂に入れることになったけど、
昨夜は、いつも使っているメンソレータムの液体入浴剤が
切れたので、違うメーカーの、もっとクリーミーなものを
使ったところ、浴槽の床がぬるぬるになっていて、
つるっと滑ってお湯のなかでドブーンとひっくり返った。
ちょっとバランスが違っていたら、頭を打って失神して
そのままお湯のなかで溺死してたと思う。
こんな感じで急に消えることがあるんだろうな。
40代でも。若い人でも。

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ