ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.12.8 10:12日々の出来事

コロナしかない一年?

カレーせんべいがやっている年末恒例の「ライジング版
流行語大賞」が今年は企画不成立になりそうだという。

やっぱりかと思うのは、このコロナ禍で、誰もがもうコロナ
しか真剣に考えられなくなっているのだ。
心に余裕がなくなっていて、他の話題に関心を持たない。
「鬼滅の刃」だけが巨大なガス抜きになっている状態だ。

「ゴー宣道場」のテーマを考える際にも、非日常が延々と
続くから、非常に難しい。
来年からの皇統の安定を前提にするシリーズも、コロナ禍
で来てくれるかどうかが不安だが、それでも来年は皇室の
未来を決める重大な年だと思っている。
だから2月~5月まで連続でやってみるのだ。

次の生放送は19日(土曜)だが、コロナのことを話しながら、
流行語大賞の発表のために、笹幸恵さんを呼んで一年の
総括をしようと思っていた。
だが、企画不成立になりそうである。
それでも笹さんには来ていただこう。
一年の総括はしておこう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ