ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.12.11 10:07日々の出来事

1月9日(土曜)コロナ禍を終わらせる集会に参加せよ

昨日はフレンチ懐石の店でランチをしたが、個室に
入るとテーブルがアクリル板で二分割にされていた。
全然おしゃれじゃない。
刑務所の面会室でランチするようなものだ。
ゲストが来る前にあわてて撤去してもらった。
街中のマスク着用率は100%!
わしをガン見する奴が多くて、小林よしのりがバレて
いるのか、単にマスクしてない不良がいると思ったのか、
全然分からない。
狂った公をどう変えるか?

来年1月9日(土曜)13時~17時まで、
「オドレら正気か?新春LIVE-
コロナ禍は誰が終わらせるのか?-」
を開催する。

小林よしのり泉美木蘭がパーソナリティーだが、
ゲストは・・・・
藤井聡(京都大学大学院工学研究教授。
クライテリオン編集長)
萬田緑平(緩和ケア 萬田診療所 院長。死生観
のプロ)
木村もりよ(元厚生労働省医系技官。医師。
ノンフィクション作家)
宮沢孝幸(京都大学ウィルス・再生医科学研究所・
准教授)
中川淳一郎(PRプランナ—。ネットニュース編集者。
フリーライター)
倉持麟太郎(弁護士。「ゴー宣道場」師範)
以上6名である。

コロナ禍がインフォデミックであることを見ぬいている
知識人たちが、ここに集結する。

『コロナ論』『新型コロナ 専門家を問い質す』
そして12月18日発売の『コロナ論2』で、書籍に
よる戦いのクライマックスを迎えるが、年が明けた
9日に、コロナ禍を終わらせるための決戦の狼煙を
上げる。

応募締め切りは12月23日(水曜)である。

政府は専門家とマスコミに操られるばかりで、
まったく頼りにならない!
あと1年もこんな虚構の世界を受け入れたくない。
誰がコロナ禍を終わらせるのか?
はっきりさせようじゃないか!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ