ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.12.22 15:45

スウェーデン王室に驚いた

スウェーデン王室の年末番組を見たけど、
いろいろ日本の文化との違いがわかりすぎて、
びっくりの連続だった。

コロナ前までは、国王夫妻が町の市場に出かけて
地元の人々にわいわい囲まれて、
普通にキスハグしまくっているんだもん。
日本人としては、ええーっ! と思う光景だったけど、
やっぱりスウェーデン人ってこんな風に普段から
濃厚接触度がすごく高かったんだなとよくわかった。

そして国王夫妻は「高齢者は自己隔離すること」という
対策に従って、遠く離れた別邸で生活して、
オンラインでストックホルムと会議を行っていたらしい。
めっちゃ掃除したと王様が言っていた。

次期スウェーデン女王のヴィクトリア皇太子(43歳)は、
いろんなメッセージを積極的に発していて、
夫とふたりで軍隊が仮設病院を作っている現場に視察に
出かけ、褒めたたえた上で、
失業者のこと、大企業の経営悪化のことをはっきりと
「深く心配しています」と発言しているし、
夫のダニエル王子は、コメントを求められて、まず最初に、
「仕事を失ったすべての人々と同じく、自分も不安と
絶望を共有しています」
「仕事に人生を見出している人が、いま煙につつまれた
ような状態になっている」
と言っていて、命を救うことも企業を生き残らせることも
どちらも両立しなければいけないと発言。

ダニエル王子は、結婚前はトレーニングジムの経営者で、
ヴィクトリア王女の個人トレーナーを担当したことが
きっかけで結婚した人らしい。
だから、コロナで打撃を受ける企業や店舗の切実さ、
絶望感が本当によくわかっているのだ。

ヴィクトリア皇太子の弟・フィリップ王子(41)の妻
ソフィア妃(35)は、
医療ボランティアを志願して、
研修を受けたあと病院で働いていて、

入院患者への配膳や、病室の消毒・掃除、電話応対を
テキパキとやっていた。
11月末にフィリップ王子とともにコロナに感染して、
二人で高熱と関節の痛みで寝込んでいたらしい。
すごい人だなと思った。
そして、ハリウッド女優かと思うほどの美人だった。

さらに、マデレーン王女は、
アメリカのフロリダ州に住んでいるらしく、
オンラインのインタビューにマスク姿で登場。
ロックダウン&マスク強制の社会がどんな様子か、
そして、学校が閉鎖されたことの弊害として、
子どもを見守るために、失業するかもしれない親がいること、
いかに大勢の子どもたちが、家に閉じ込められたまま
虐待されているかということを切々と語っていた。

全体として、なんだかものすごく自由な王室だった
ことに一番びっくりした。

最近、王族が増えすぎて、
フィリップ王子夫妻と、マデレーン王女夫妻の子供5人が
王族から除名されたんだそうだ。

ちなみに、王位継承は長子優先で、
次期女王はヴィクトリア43歳、
その次はヴィクトリアの長女のエステル8歳。
ほかにも王位継承権を持つ子供がたくさんいて安泰。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ