ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.12.25 07:16日々の出来事

来年の「ゴー宣道場」はテーマを考え直す

今日は『よしりん辻説法』単行本の描き下ろしの締め切り。
昨夜、完成した。

わしは『よしりん辻説法』新シリーズのシナリオをやって
いるが、まだコンテにも入れない。
あと2日か3日、かかりそうだ。

「ゴー宣道場」の来年の予定は根本的に考え直さなければ
ならない。
あまりにもコロナ禍が続きすぎる。

マスコミは連日「緊急事態宣言」を出せと政府を突き上げ、
愚劣なことに野党が「緊急事態宣言」を政府に要求して
いる。
新コロ対策の特措法の改正で、権力に従わぬ者らに
罰則まで課す改正案が出来そうだ。
権力の強権発動を大歓迎する野党、しかも自称リベラル
勢力が出現するとは思わなかった。

冬になれば風邪が流行る。
これ当たり前だから、2月・3月までは、もっと強権発動の
嵐が吹き荒れるかもしれない。

幸い、高森氏の活躍によって、「皇女制」は退けられるよう
だから、来年「ゴー宣道場」の「皇女制捏造シリーズ」は
止める。
来年の「ゴー宣道場」のテーマ設定は変更して発表する。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ