ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.12.31 07:42日々の出来事

小布施町のゆるキャラ、頑張った

小布施町のマスコット・ゆるキャラがツイッターで『コロナ論』
を紹介したりして、頑張っていたらしいが、自粛警察が町に
抗議したのだろう。
あっという間に謝罪に追い込まれた。

小布施町のマロンケーキは大好きだったので、微笑ましく
見ていたが、必ず妨害されるとも思っていた。
小布施町のマスコットキャラだから、小布施町の意見だと
思われてしまうので、無謀な戦いだった。
あのゆるキャラは立派に健闘した。

今はコロナを恐怖して自粛することが「公共の福祉」になっ
てしまっているので、反自粛の言論の自由はない。
現状は「全体主義」なのだ。
いまだにSNSには言論の自由があるという幻想を見ている
人が多いが、相当な工夫をしないと無理だろう。

そもそも「コロナ恐怖」は「公共の福祉」にならないという
のが、わしの主張なので、そんな意見が発表できる場は、
「本」しかない。
しかも、小林よしのりだから、雑誌や本で発表できている
のであって、他の表現者なら無理だろう。

さらに台湾や韓国や中国で、『コロナ論』が出せるかと
言えば、それも不可能だ。
日本の方が「言論の自由」はある。
出版社が自粛しなければ、わしの表現は憲法で守られる。
憲法はものすごく重要なのだ。

今の日本の憲法がある限り、わしの表現は守られるが、
今までのキャリアで、小林よしのりがどれほど恐ろしいかを
知っている人が多いから、「触らぬ神に祟りなし」とされて
いるのが現状である。

それでも全国の書店で、『コロナ論』が続々とベストセラー
に入り、売り上げ1位になっている書店も多く、売り切れ
続出だから、これを無視し続けることができない状態に
なるかもしれない。
リテラシーのある読者が、大いにわしを支えてくれている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ