ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.1.3 09:15日々の出来事

緊急事態宣言は廃業勧告、自殺奨励策!

緊急事態宣言は自殺奨励政策である。
知事たちは自殺者を増やしたがっている。

特に非正規の女性が、売春したり、ホームレス化
したり、孤独でうつ状態になって自殺している
という現状があるのに、あの知事たちは、多数派の
選挙民の票が欲しくて、パフォーマンスしてるだけ!
ポピュリズムで政府に強権発動を求めているだけの
アホ知事である。

政府は緊急事態宣言を絶対に出すべきではない!
飲食店の8時までの時短営業も、廃業勧告にしか
ならない。

テレビとネットは、オウム真理教のヘッドギア
みたいなもので、日本国民はすっぽりカルト教団
のサティアンに収容されてしまった状態。
「コロナ論」シリーズで洗脳を解くべし!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ