ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.1.9 18:00新刊情報

「知性の劣化」「身体感覚・肉体感覚の欠如」が進行している。

ライジング・コメント欄からの
ご意見紹介です!

 


 

小林先生を始めとする、コロナ脳解除のための啓蒙活動やマスコミ監視活動を続けておられる皆様方におかれましては、その労力には敬意を表します。
私はストレスや苛立ちを回避するために、とにかくメディアからは距離を取っています。
ただ、コロナ脳解除のため、Facebookでは何度も「インフルエンザとの比較データ」「顕在化しない経済のダメージの甚大さ」などを訴えてきているのですが、なかなか理解してもらえません。
というのも、私がFBで繋がっている人の多くはホワイトカラーの正社員で、コロナ禍で直ちに生活が困窮するわけではないという身分であるため、「自粛」が招く深刻な事態に鈍感なのだろうと思われます。
飲食やエンタメが苦境に立たされていても、「今は仕方がない」「ここを何とか乗り切って」という発想で止まってしまい、この1~2年間の空白がこの先10年20年にどれだけ大きなダメージをもたらすかというところまで考えが到っていないようです。
また、「ウイルスは悪の存在」という見方が刷り込まれてしまったのか、インフルエンザのデータを示しても「ならばインフルも相応に気をつけないと」という発想に傾いてしまう人もいます。
「2類を5類に」と訴えても、「それは終息してから」というコメントもありました。
「何を持って終息とするのか」も不明な上、仮に基準を「ワクチンが実用化してから」と定義したとして、そこまで待っていたら経済が持たないと言っても無理でした。

こうした方々の反応を見て感じられること。
・長年、正社員として働き続けたことで「社畜化」してしまったため、社会でも簡単に「畜群化」するし「権威主義」にも弱い。

・自身で葛藤を抱えたくないからなのか、「お上」やマスコミを疑って「そもそも論」から考えるようなことはしない。

・物心ついた頃からテレビニュースが幅を利かせていた世代なので、マスコミの報道がそこまでおかしいものだと考える余地を持ち合わせていない。

・デスクワークがメインなためか、生産や流通のリアルな現場感覚が希薄で、マスコミやネットの情報で充分事態を把握できていると思い込んでいる。

・「善悪二元論」のように単純化して物事を考えてしまうのか、「ウイルス=絶対悪」という発想に囚われて離れられない。ウイルスと生物との共存関係みたいな学術的な話は頭が受け付けない。

小林先生が何度も訴えておられる「生命至上主義」や「戦後民主主義」の弊害にとどまらない、「知性の劣化」「身体感覚・肉体感覚の欠如」みたいなものが感じられて、新井紀子氏が警鐘を鳴らしていた「日本人の読解力の低下」がここで顕著になったように思います。
恐らく彼らは『コロナ論』等の著書についても、「小林よしのり」という名前に抱く先入観だけで手に取ろうとしないでしょうし、コロナが終息した時に「自分たちの考えが間違っていた」と振り返ることもしないのでしょう。
養老孟司氏のベストセラー『バカの壁』で述べられている内容そのもので、彼らは「思考停止という気持ちいい状態」のまま壁の向こう側に閉じこもっているので、もはや会話が成立しないのだと思います。
ただ、逆に言えば正社員採用からあぶれたロスジェネ世代とそれ以降の世代には、「本の力」が通じる可能性は充分にあると思います。
私はもう会話が通じない相手は完全スルーすることにしましたが、職場で若者世代(学生さんなど、実際に困っている人もおられます)にやんわりと「現状の理不尽さ」について話す事で、微力ながら何とか空気を変えるための働きかけを続けていく所存です。
(M.Oさん)

 


 

筋肉を動かしていなければ衰えるように、
脳も動かしていないとてきめんに衰えますね。
しかも、脳が衰えたことって、
筋肉が衰えたことよりも気づきにくい。
気づこうと思わなければ、一生気づかずに
済ませることだってできますからね。

しかし、考えることをやめることは、
人間やめるのと同じこと!
そのことを理解できる人には、
『コロナ論』シリーズを勧めよう!!

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ