ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.1.9 07:22日々の出来事

質疑応答の時間を1時間とる

今日は質疑応答の時間を第二部に1時間とりたい。

こんな緊急事態宣言の最中に、周囲の同調圧力に
屈することなく、「私は自分の目と耳で、真実を確認
したい」というもの凄い意欲の人々が、東京にやって
来てくれるのだ。

あまりに応募が多くて、100人くらいの方々を落とさ
ねばならなかったのが心苦しいが、それほど真実が
知りたいという人が多いことが希望でもある。

全国から全体主義に負けずに上京して参加してくれる
人たちのために、疑問や不安に応じる時間をたっぷり
とりたい。

全体主義に屈するな!
高齢者が本当の弱者ではない。
基礎疾患のある高齢者なら、まさにわしだが、老人が
全員、我が命が惜しいというエゴイストばっかりのはず
というのは、無礼である。

コロナ禍における本当の被害者は、高齢者ではない!
飲食店やそこに関連している幾多の職業の人々や、
観光業や、非正規の女性たちや、自由を失った若者
たちや、不自然なルールを強いられる子供たちである。
さらにエンタメやスポーツ界の人々も被害者だ。
高齢者より、そちらの被害者の方がはるかに多い。

我々は本当の被害者を見ぬく「常識」を持とう!
マスコミに脅されて自由を放棄することは、人間を
やめることに他ならない。
今日のLIVEで、自由の砦を築こう!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ