ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2021.1.16 16:44

『新型インフル特措法改正等を読み解く3つのポイント』をnoteにまとめました。

今般政府から提案される新型インフル特措法及び感染症法改正案の問題点を『新型インフル特措法改正等を読み解く3つのポイント』と題してまとめました。
ポイントは
①「平時」と「有事=緊急事態」の“間”にグレーゾーンとして新設する「予防的措置」によってなし崩し的に緊急事態と同じ(かそれより悪質な)状態を政府が自由に作れること
②補償が政府に裁量がある政策補償(=“施し”)であって我々の請求権とはなっていないこと
③自宅・宿泊療養や調査に応じない場合の入院勧告や罰則の適用が、医療のひっ迫を逆に悪化させること
さらに、メタ・レベルの話として、今回の改正をすると、人権や自由があたりまえの「平時」と、緊急事態のような「有事」の境界線が溶解します。緊急事態が緊急事態ではなくなるのです。
 近代立憲民主主義社会にとっては、この平時と有事の境界線を厳に死守することは、すなわち自由や法の支配を死守することなのです。
 ここが「空気」で流される今の雰囲気は、日本のハリボテ立憲民主主義の脆弱さを痛感せざるを得ません。
 18日から国会が始まりますが、是非この視点を広めていきたいと思います!野党やマスコミや市民運動家は頼れません、我々で拡散して、闘っていきましょう。
#あいまいな日本の緊急事態と闘う
倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ