ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.1.28 11:57メディア

「変異種煽り」が希望の星か?【モーニングショー監視塔】

これ、どー見てもピークアウトしてますよね?

昨日の全国の新規検査陽性者数は3971人。
過去最多だった1月8日の7882人からは半減。
東京都では973人と1000人を割り、
実効再生産数は0.78

ところが、それを絶対に認めたくない、
ドル箱の「コロナ恐怖」を手放したくない
羽鳥慎一モーニングショーは、今朝も
「全国の重症者が1043人で過去最多!
東京都では新規「感染者」973人のうち
65歳以上の高齢者が22%!
重症者は昨日より11人増えて過去2番目の多さ!
死者数が18人で過去最多!」
と、何が何でも不安要素を見つけては
煽りまくります。

そして、この番組の意図どおりの
発言をしまくっていたのが、
ふたりの煽り医者。

東京歯科大学市川総合病院教授・寺島毅は
「ピークは越えたようには見えますけれども、
1000人前後で推移していますし、
十分に下がり切ったとはいえないと思います」
「高い数値に慣れてはいけない」
「まだ油断できない時期だと思います」
「まだそこはピークを越えたとは決して言えない
状況だと思います」
などと発言。

長崎大学大学院教授・森内浩幸は、
「まだまだ実効再生産数がやっと0.78ということは、
ちょっとの気のゆるみですぐにまた1を超えて
しまうと思います。
そしてある程度感染者が減っってしまったところから
1を超えるのと、まだしっかりいるところから
1を超えるのとでは、その後の拡大の程度が
ずいぶん違います」
と発言しました。

しかし、いつも気になるんですが、
ウイルス感染って、本当に
「気のゆるみ」で起こるんですか?
精神論でウイルス感染が防げるんですか?

 

そして、まだまだコロナ恐怖を煽りたい
モーニングショーの希望の星は「変異種」。

森内教授は
「もし今よりも5割方感染力が強いものであれば、
今の実効再生産数だと、簡単に1を超えてしまう
わけですので、今くらいの対応策では、
当然感染の拡大を食い止めることは
できないということになります」
と発言、
寺島教授も
「今ぐらいの対策で今ぐらいの感染者だとすると、
もしこの変異ウイルスがより感染性が高いとすると
一層の対策をして、対応できるのかなと思います」
と、ふたりがかりで煽る煽る!

月曜日の北村義浩と合わせて、
この「変異種煽り予言」が当たるかどうか、
しっかり検証しましょう。

この話題について、羽鳥慎一は
「ただ、皆さんががんばって行動すれば、
こういった数字として表れてくるというのは
明るい材料の一つなんじゃないかなと思います」
とまとめましたが、ずいぶん狡猾なもんです。

一見、希望の光があると言ってるようで、
実際には「まだ終わってない!
みんながんばって行動しなければいけない!
経済がどうなろうとかまわない
まだがんばって自粛しよう!
そして、モーニングショーを見よう!」

と言ってるのと同じですからね。

 

番組後半では、コロナに罹った医者が
「人生で一番つらかった」と、お気楽発言。

でも、コロナって「気のゆるみ」で罹るんでしょ?
「がんばって行動すれば」罹らないんでしょ?
だったらなんで、この医者に
「気がゆるんでたからだ!」
「がんばって行動しなかったからだ!」
って言ってやらないの?

 

 

 

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ