ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.2.2 08:11日々の出来事

科学は仮説から始まる

昨日は『ゴー宣』第115章の画稿締め切りで、ばっちり
完成した。マスクの章である。
『コロナ論2』でも描いたが、あれからさらにいろんなことが
分かってきて、マスクに関する考察もアップデートしなけ
ればならなくなった。

マスクの効果をどのくらい信じるべきかは重要である。
マスクが単なるアマビエの札なら、我々はいまだに中世の
非科学的人間と同じことをしていることになる。

科学は仮説から始まるのであって、実証はその後にされる。
ニュートン力学にしろ、相対性理論にしろ、量子力学に
しろ、美しいまでの合理的説明が出来るかどうかであって、
今はやりの専門家は、教科書で習ったことを喋っているに
過ぎない。
新しい教科書をつくれるかどうかが科学者であって、今の
専門家よりも、わしの方がよっぽど科学者である。

今日発売の「SPA!」『ゴー宣』で「ウイルス干渉」について、
データを用いて説明しているが、これも今どきの専門家が
だれも発見できていない真理である。
尤もウイルス干渉はすでに分かっている現象だが、それ
でもインフルエンザが全く流行らない理由を、感染対策が
徹底しているためとか、外国から人が入って来ないためと
似非専門家は説明している。
つまり今の専門家が教科書の応用すらできないということ
なのだ。全く科学者ではない!

無能な専門家を集めて、コロナ対策をやっているのだから、
政治家は狂った政策ばかり国民に強いて、経済を崩壊させ、
失業、自殺者を増やしている。
テレビも馬鹿な専門家ばかり使うから、「日本では」インフォ
デミックとなり、人災で人殺しをしている状態になる。
コロナ禍はマスコミと非科学的専門家によるテロである。
特措法の改正というなら、マスコミと専門家を罰する条文
を作るべきなのだ。
被害があまりに大きすぎる。
この非科学的状況を打破するため、わしは『コロナ論』
を描き続けねばならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ