ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2021.3.1 06:00皇室

国民の中に入って行く皇室

天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見でのご発言と、
私が事前にロシア国営通信社「スプートニク」の取材に答えた内容が、
畏れ多いがかなり重なったことに、少し驚いた人もいたようだ。

しかし、陛下のこれまでのなさりようや、
“おことば”に常に注目していれば、(その深い思し召しはともかく)
お気持ちのごく一端をおぼろげに拝察申し上げることは、
皇室に心を寄せる国民であれば必ずしも不可能ではあるまい。

それでも、オンラインの「新たな可能性」を前向きに評価され、
“国民の為に”ご自身が活用できるツールならば、躊躇(ためら)わず
積極的に活用しようとされる、陛下の進取の気象に富むご姿勢は、
凡人の想像を越えておられた。
敬服の他ない。

陛下はお若い頃、国民が望む皇室像について記者に質問された時、
次のように答えておられた。

「即答はできませんが、やはり天皇陛下(昭和天皇)や
両親(上皇・上皇后両陛下)が目指されているように、
国民とともに歩む皇室、国民の中に入って行く皇室だと思います」
(昭和61年7月23日)と。

「国民とともに歩む皇室」からもう一歩、踏み込んで
「国民の中に入って行く皇室」との答え方には、被占領下の
昭和天皇の全国巡幸や、上皇陛下の各地へのご熱心なお出まし等を
踏まえ、更に国民との触れ合いを深めようとされる意気込みすら、
感じ取れる。

ならば国民は、陛下のそのお気持ちにきちんとお応え出来るか、どうか。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ