ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.3.2 18:39

新たな男女論へ考察開始!ライジング391配信!!

流行でも偽善でもない
男女論を展開!
小林よしのりライジングVol.391
配信です!

今週号のタイトルは
「本当の女性活躍社会とは?」



 

結局、森喜朗バッシングの
お祭り騒ぎが終わり、橋本聖子が
後任に就いたら話題も一気に
終息してしまった。

それで本質的に「男女平等」だの
「女性活躍」だのに関する議論が
深まったかといえば、
そんなことは全くなく、
ただ女性理事の割合を40%に引き上げる
という、極めて表面的なことだけで
お茶を濁すことになりそうだ。
誰も、本質的なことになど
興味がないのである。

しかしライジングでは、常に本質を考える!
「本当の女性活躍社会とは?」
実はそのモデルケースとして
興味深い動きが、ゴー宣道場で
行われているのである!

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録
「日本とフランスのピル事情」

前回のゴー宣道場の議論の最中に、
唐突とも思えるような感じで
出てきた「ピル」の話。

フランスでは女性がピル(経口避妊薬)を
服用するのが当たり前で、それが
男女平等の理念からしても
「先進的」であるというような
主張がされていたのだが、
そもそも「ピル」って何?ってとこから、
特に男性にとってはほとんど
わからない状態で、当日の道場の
議論の中でも不完全燃焼のまま
通り過ぎた感があった。

そこで今回は、
そもそもピルとはどういう薬なのか
という知識にはじまり、
日本人とフランス人のピルに
対する感覚の違いを分析、
さらには日本のフェミニズムにおける
ピル論争の経緯を見直し、
ピルの普及が本当に女性の地位向上の
役に立つのか、考察を開始する!

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…橋本聖子が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長に就いたら、やっぱりすっかり話題は終息してしまった。例によって今回も、全く無責任に男尊女卑糾弾運動だけが、一瞬にして燃え盛り、何が「女性蔑視」なのか、何が「男女平等」なのか、そもそも「男女平等」は可能かという本質には一切触れることもないままに、女性の人数だけが問題だったという結論になってしまった。しかしライジング「ゴー宣」では、この機会に本当の「女性活躍社会」のあり方というのはどういうものなのかを考えてみたい。

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…前回の「ゴー宣道場:コロナ禍と女性の地位向上」で、フランスでは女性がピル(経口避妊薬)を服用するのが当たり前で、それが、生理や望まない妊娠というハンディから、女性を自由にしているという話があった。果たして「ピルの普及率が高まる」ということは、本当に「女性の地位向上」や「女性の自由」につながるのだろうか?

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
製薬業界カルテルが利益と権力拡大のためにメディアを使って巧妙な世論操作をしてる…というのは考えすぎ?
芸能人たちの聖火ランナー辞退をどう思う?
小室氏は本当に一人の女性としての眞子さまを愛しているの?
納豆は大粒、小粒、それともひき割り派?
コロナ後の経済立て直しのためには、2025大阪万博やその跡地のカジノも賛成すべき?
カラスミに付いてくる大根はあり?なし?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第411回
「本当の女性活躍社会とは?」

2. しゃべらせてクリ!・第348回
「沙麻代ちゃん、一筆書いたら許してクリましゅ? もっと責めてクリましゅ?の巻〈前編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第205回
「日本とフランスのピル事情」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ