ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.3.5 10:22日々の出来事

若者よ、自粛を捨て、街へ出よう

分科会の尾身会長が「リバウンドが怖いから再延長」と
いうのが狂ってる。
抑圧すればリバウンドするのは当たり前なのに、何を
言ってるんだ?
緊急事態宣言を延長したところで、わしの行動は変わらん!
むしろ、もっと外出しようという気になる。

若者はガンガン外出しなさい。
集団免疫つくりに貢献しなさい。
家庭内感染が一番多いのに、家庭内にいたら、家族全員に
うつるだけだ。

政府の分科会や、マスコミを信じるな!
奴らが「感染者」と言ってるのは、PCR検査の「陽性者」に
過ぎない。
今の検査は民間の方が多いし、精度に全く信用が置けない。
サイクル数も台湾やニュージーランドに比べて多すぎる。

例え「陽性」反応が出ても、ほとんどは無症状だ。
コロナウイルスが細胞に「感染」する前に、自然免疫が
撃退しているのが「免疫強者」の若者だから、怯える必要が
ない。

東京都の発症日ベースの陽性者数を見ると、ひたすら
発症者が0人に近づいている。
曝露しても、感染しても、自然免疫で処理してしまって、
発症した者が圧倒的に少ない。

マスコミの言うことも、政府の言うことも、一切合切、信じなくて
いい。信じる奴は根源的バカだ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ