ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.3.29 14:04新刊情報

豪華すぎて一話一話が満腹!『よしりん辻説法④美女の箱舟』絶賛発売中!!

『よしりん辻説法④
美女の箱舟』
絶賛発売中!

門下生読者からの感想をご紹介します!

『よしりん辻説法4〜美女の箱舟〜』を発売と同時に入手し、
職場のお昼休みのお供に、家事の合間に、寝る前の安らぎのひとときにと繰り返し読んでますが、
これ、メッチャ面白深い!ですね(≧∀≦)

私のよしりん漫画一推しは、デビュー作『東大一直線』なのですが、
(破壊的ギャグ満載なのに哲学的で、サイコーに面白いですよ〜)
一推しが変わりそうなくらいよしりん辻説法は大好きな作風です。

人生経験豊富なよしりん先生がピックアップした美女がギュギュッと一冊に詰め込まれ、
美女一人一人丁寧に&辛辣に?、あくまでもよしりん目線の美女評価&ギャグ満載で美女をご紹介。
もう、豪華すぎて一話一話が満腹です!

「わしは女尊男憐(女は尊く愛おしい存在で、男は気の毒で憐れむべき存在)なんだ!」と豪語するよしりん先生の美女評は、
時には厳しくズバリと真実を突く言葉が出てくるものだから女性としては、
「痛いとこ突かれた〜、…でも当たってる!」
というものばかりなんだけど、そこがまたこの漫画の面白いところでもありますよね。
よしりん先生の前では見透かされてしまうから誤魔化しは一切効かない!と、黙って降参するしかありません(笑)

「説法三・フェミニズムの上にも三年」では、フェミニズムの大御所・田嶋陽子さんを取り上げていますが、
『(田嶋陽子は)子供時代の母親への怨念(ルサンチマン)を一般人に普遍化しすぎて専業主婦はドレイになるとか、母や男の愛は「支配」になると思い込んでいるんだな…」と分析。
これ、今流行りのフェミニズムに嵌る人達にも、胸に手を当ててよーく考えたら身に覚えのある心理状態ではないかな〜???
なんて思いました。

「何かに依存したら安心なんて考えるな!会社員だろうと、企業家だろうと、専業主婦だろうと、愛人だろうと、覚悟を持って博打をうつしかない!いざとなれば何をやっても生きていくさという覚悟が必要なんだ!」
には、特にシビレました!

専業主婦だって夫に依存していない女性はいるし共働き女性だって夫に依存してる人はいますよね。
お互いに自立した精神の大人同士が結婚していないと共倒れになります(^◇^;)

今のフェミブームをみていると、何故か男になろうとしたり、男女差を否定しようとしたり、極端な女性優位に走る人がいて、女である私からみても違和感アリアリだったから、辻説法でまともな言葉を読むと安心しますね。

効果的に散りばめられたギャグも面白く、
私はダックス憤怒と、そんなことアルパカ(足をパカパカしてるのが好き♪)と、カワウソ〜に〜(しっぽカジカジしてるのが好き♪)がお気に入りです。

他にも取り上げたいフレーズが沢山あるのですが、語り出したら止まらなくなりそうなのでここまでにします。

小林先生の『よしりん辻説法』、私の一推しになりました(^^)
(よっしーさん)

 

ルサンチマンに発する運動は結局は
「私」のためのもので終わってしまい、
「公」のため世の中を動かすものとは
ならないのは当然のことと言えましょう。

全てを見透かし端的に真実を突きながら、
それを大幅増量のギャグで包み込んだ
唯一無比のエンターテインメント!
これを読まなきゃもったいなさすぎ!

 

 

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ