ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.3.29 17:11政治

それが女性蔑視だという根拠が自称リベラルから出てこない。

毎週のように起こされる
自称リベラル、ヒステリック・フェミの
「女性蔑視・炎上」案件について、
ライジング・コメント欄からの
ご意見紹介です!

 


 

不思議なのは、炎上は起きるのに、それが女性蔑視だという根拠が自称リベラルから出てこないんですよね。

よくジェンダーギャップ指数121位が水戸黄門の印籠のように使われていますが、ジェンダーギャップ指数の採点基準には全く関係ありません。

■ジェンダーギャップ指数レポートとの向き合い方
https://note.com/radert/n/n031da415e8d5

これだけ騒がれてるんだから、何かしら女性蔑視的なものがあるんじゃないかと思い、福島みずほ議員のyoutube番組なんかを見てみたんですが、「女子会」程度の感想しかもてませんでした。

直近の番組では報道ステーションのCMの話題になり、「女性がいい仕事をしようとすると排除される」みたいな発言がありましたが、日本の企業は終身雇用制の名残りからか、実力主義が根付いていなく、人間関係や根回しで仕事が回っていくようなところが未だにあるので、実力があっても立ち回りが下手であれば、周りからの嫉妬で排除する動きがでてくるのは、男も同様です。

そこに男性社会が先行しているので女性であればコミュニケーションがとりずらいというのはあると思いますが、「女性だから」という事で被る不利益って実はかなり少ないんじゃないでしょうか?それが「男性化」しなければやっていけないと言うのであれば、競争社会自体がなりたたないようにも思います。人間に感情がある以上、純粋に実力主義のみの社会というのも成り立たないような気がします。

この一週間では、歴史学者の呉座勇一さんがイギリス文学者の北村紗衣さんをツイッターの鍵アカウントで中傷していた事が本人の北村紗衣さんにリークされ、問題になり炎上してしまいました。日文研の常識的な判断で「注意」として処分を受けました。NHKの監修は降板になったようです。

この件に関しては、呉座勇一さんは本人は若干ミソジニーの気がありそうな気もしますが、鍵アカウント上で行われた事で、北村紗衣さん本人に伝わる事は予想していなかったでしょうし、一般社会でもありうる陰口でしかないように思います。いじめの構図と指摘されていますが、暴力や無視といった直接的な加害行為が行われていない以上、これがいじめになるのかと疑問に思っています。

この件についても自称リベラルが企画した番組を視聴してみましたが、「組織的な何か」等の曖昧な発言が多く、「ヘイトクライム」ではないかという話まで飛躍されていたので、さすがにコメントでつっこみを入れたところBANされてしまいました。

一昨日には、共産党の女性の元議員が電車の乗り降りの際に男性と肩がぶつかり、「女性差別」だとツイートした事が逆に炎上しました。「元議員に聴き取りを行った」と共産党がオフィシャルアカウントで、少し前に逮捕された「ぶつかり男」を例に挙げて「女性に故意にぶつかる男はいる」と養護する事態にまでなりました。ただ共産党はこの件の当事者の男性に聴き取り行ったわけではありません。

僕は男ですが、故意にぶつかってくる男(女でもいますが)は極たまにいます。ストレスが原因なのかミソジニー(またはミサンドリー)が原因なのかの判断は難しいかと思います。

この件をまた自称リベラルが「女性に対してのヘイトクライムと呼ぶべき」と騒ぎ始めました。
彼らはいったい何がしたいのか分かりません。意図に関わらず男性が女性にぶつかっただけで逮捕される時代を作りたいんでしょうか?

そもそもジェンダーギャップ指数と何の関係が?

くせい、くせい、疑惑の惑星!
(ゲストさん)

 


 

理屈が一切なく、何でもかんでも
「女性蔑視だ!」「ヘイトクライムだ!」
とされた日には、
本当に何も言えない、やれない世の中に
なってしまって、ひたすら社会活動が
停滞、破壊されていくだけになってしまいます。
まあ、自称リベラル、ヒステリック・フェミが
本心から「女性の地位向上」を目指している
わけでも何でもなく、単に破壊衝動を
満たしたいだけなのだとすれば、
当然そうなるわけなのですが。

 

 

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ