ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.3.30 15:12ゴー宣道場

本物の憂国者は集まれ!

美智子さまバッシングが繰り広げられていた1993年。
バッシングの急先鋒だった週刊文春が、
『美智子皇后 私はこう考える』と題して、
さまざまな識者のコメントを掲載している(93年10月7日号)。
ここでも皆が良いだの悪いだの好き勝手なことを
言っているのだけど、最後に紹介された
一水会代表の鈴木邦男さん(道場のゲストとして
来てくださったこともある)の一言がじつにシビれる。

「僕は皇室はどんどんひらかれるべきだと思いますよ。
というより、両陛下はもっと自由にお好きなことを
なさるべきです。(中略)
 天皇や皇后にあれこれ求めたり、タブーを設けたり
するのは、天皇を本当に信頼していない証し、
国民の甘えです」

全くその通りで、夜中にインスタントラーメンを
作らせるな、けしからんなどと言っていた人々は、
上皇后陛下となられた今の美智子さまをどう見るか?
平成という時代を上皇陛下と共に形づくられてきた
美智子さまをどう見るか?
憂国者、愛国者を名乗る人々よ、
それは今の天皇陛下にしても、雅子皇后にしても
また眞子さまに関しても同じではないのか???
どれほど憂国を気取っていても、それは「国民の甘え」に
過ぎないのではないか?

もう30年も前にそれを喝破していたのが
鈴木邦男氏だった。
私たちはいつまでも甘えた国民でいいのか?
初の新潟開催のゴー宣道場、国民のあり方についても
考えていきたいと思います。
本物の憂国者は集まれ!

応募締切はいよいよ明日です!!!

***********************
【第96回 ゴー宣道場in新潟】
■テーマ:『皇室スキャンダルと国民』
■日時:令和3年4月11日(日)14:00~
■場所:新潟市内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:1,500円(小学生以下は無料)
※受付での混雑を避けるため、当日はお釣りのないようにご用意をお願いします。
■応募〆切:3月31日(水)
お申し込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

***********************

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ