ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.4.15 06:38日々の出来事

表現の自由は常に戦って守るしかない

昨日は編集者とまた言葉狩りの議論があった。
「『狂気の沙汰』という言葉はいかがなものか?」という
注意が上からあったというのだ。

「狂気の沙汰も金次第」という筒井康隆の本のタイトル
もある。
「狂気の沙汰」は、もはや日本文化に定着した言葉だ。

わしのように暗殺計画を立てられても、裁判沙汰に
なっても、自分の表現を守ろうとして戦うことだって、
「狂気の沙汰」と言えるかもしれない。

小室圭に対して、あれほど徹底した全否定のバッシング
を繰り広げているテレビのワイドショーや、識者やタレント
たちも「狂気の沙汰」と言うしかない。

コロナを怖れず、30名の大宴会を決行する「ゴー宣道場」
の門下生だって、コロナ脳患者から見れば、「狂気の沙汰」
だろう。

逆に、マスク会食だって、うちわ会食だって、わしから
見れば「狂気の沙汰」だし、飲食店を回って営業妨害
している見回り隊だって「狂気の沙汰」である。

そもそも1年以上にわたって、コロナ恐怖症を発症
させているモーニングショーは確実に「狂気の沙汰」で
あって、恐怖煽りばっかりしている尾身会長らエセ
専門家の連中も「狂気の沙汰」であり、あんな馬鹿どもに
洗脳されている政治家どもも「狂気の沙汰」である。

「狂気の沙汰」という言葉をこの世から消滅させようと
いう言葉狩りも「狂気の沙汰」としか思えない。
編集者は上から言われて、一応こういう意見もあるから
ということで言ってきた。
その編集者を責めたくはない。
ただ、もう漫画家になって40年以上、年がら年中、
「言葉狩り」「自主規制」との戦いである。
失われた言葉は膨大にある。

中国では「天安門事件」という言葉は消去されていて、
人民は知ることができない。
表現の自由がないのだ。
日本だって、国民の知らないうちに、「言葉狩り」に
よって表現の幅は日々、縮小しているのだし、人々の
思考の幅は収縮しているのだ。

「表現の自由」と簡単に言うが、ヒステリックフェミの
ポリコレ集団リンチに与することによって、自分たちが
表現者の敵になっていることに全く無頓着なのだから、
その欺瞞的な態度には辟易する。
わしは、わし以外の全てが、わしの表現を妨害する敵
だと思っている。

「狂気の沙汰」の削除は受け入れなかった。
担当編集者も同意してくれた。
「表現の自由」は常に戦って守るしかない。

グローバルダイニングの社長や、弁護団が、本当に
その表現を守りたいかどうかであって、本気でなけれ
ばいくらカネが集まったって、負ける。
経営者だって、弁護士だって、政治家だって、編集者
だって、実は表現者である。
表現者は常に覚悟が問われている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ