ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.4.23 11:32メディア

ウイルスが国内変異することを知らない北村義浩! 『コロナ論3』5月19日発売!

やっぱりな、としか言いようがないのですが、
今週はついに「羽鳥慎一モーニングショー」に
一度も森内浩幸医師が登場しませんでした。

そりゃそうでしょう。
「変異ウイルス」を
新たなとてつもない
脅威として、
「若者も重症化する! 子供も罹る!」

と煽り立てて視聴率を上げたい
モーニングショーには、
「変異株といっても従来株とそれほど大差ない」
「特に子供には心配する必要はない」
と、正しいことを言って安心感を与える
医者なんか必要ないのですから!

デマでも嘘でもいい!
大衆は恐怖が好きなのだ!
煽れ煽れ煽れ!
それがモーニングショー。

そしてそんな番組に適任なのが
日本医科大学特任教授、北村義浩
今週は月・金の2度登場し、随所で
「玉川さんのおっしゃるとおり!」
番組ボスへのおべっかを使いながら、
番組の意図に沿う恐怖発言に徹していました。

だがこの人は、ウイルスに関しては
素人以下だということが今日露呈しました!

ウイルスは常に変異をしているもので、
「イギリス株」だの「ブラジル株」だの
という名称はたまたまその国で最初に
発見されたからそういわれているだけで、
日本国内でも「イギリス株」や「ブラジル株」
と言われるものと同型への変異は
起きているのです。

「イギリス株」とか「ブラジル株」とかいっても、
イギリスやブラジルから日本に持ち込まれている
わけではなく、これも国内で発生しているのです。

ところが、こんな初歩的なことを
北村は知らないのです!
さすがにこれには驚いた。

重要なことなので、文字起こしして
記録に残しましょう。
2021年4月23日9時25分からの発言。
北村は、
「日本は島国なのに、どうしていろいろな変異株が
こんなにも入ってくるのでしょうか。
変異株が入ってくるということは
空港の検疫で陰性ということなのでしょうか」
という視聴者の質問に対して、こう答えました。

「そうですね、空港の検疫で陰性になった、
あるいは一応ですけれども条件が揃えば、
搭乗前72時以内にPCRなどをして
陰性だ
ということがわかれば、
空港はそのまま
スルーして、
ただ2週間自粛っていうか、
まあ、
自分でなかなか外へ出ないことをやる
ってことはありますけども、そのときに
72時間であれ、あるいは空港のところであれ、
とにかく陰性だけど、日本国内で発症した、
あるいは発症に気づかないまま広げている
ということは十分あると思いますね」

これに羽鳥が
「だから国内にこういった、
例えばインドのものが入り込むと」
と確認すると、北村は
「そうですね。少しずつ
入って来るということですね」
と言い切りました。

繰り返しますが、
ウイルスは国内で「イギリス株」にも
「ブラジル株」にも変異しているのに、
北村は、イギリスやブラジルやインドから
空港検疫をすり抜けて入って来ている
と思っているのです。
素人以下です!!

これ、日本医科大学は何の責任も
もたなくていいんですか?

こんなバカどもの煽りのおかげで、
ほとんどロックダウンみたいな
緊急事態宣言が発令されようとしています。
まさか、生きている間にこんな
「禁酒法」みたいな時代を経験するとは
夢にも思いませんでした。

こんな狂った世の中、
とてもシラフでいられるか!

世の中変えるのは、この本しかない!

『ゴーマニズム宣言SPECIAL
 コロナ論3(扶桑社)
5月19日発売!

 

コロナ脳
 日本人はデマに殺される』
(小学館新書)
重版出来、絶賛発売中!!



いったいAmazonにはいつ入荷するんだ?
楽天ブックス
honto
紀伊國屋書店ウェブストア

 

 

 

 

 

 

 

 

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ