ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.5.11 17:29日々の出来事

三浦瑠麗・東浩紀、極限状況で畜群に堕さなかった知識人

来週5月19日(水曜)、まだ緊急事態宣言の最中、
この禁酒法の狂った公共の中、『コロナ論3』を炸裂
させる!

これを記念して2週間ごとに特別企画を打っていこうと
思っているが、6月5日(土曜)の「オドレら正気か?」
には、特別ゲストを呼んでコロナ禍の異常性を議論する
予定だ。
まだ名前は明かせない。

6月13日(日曜)は「ゴー宣道場」に『コロナ論3』で登場
する井上正康医師を招待して、「科学的コロナの正体」
明らかにする。
すでに定員に達し、応募は締め切った。

そして7月3日(土曜)の「よしりん十番勝負」では、
三浦瑠麗・東浩紀・小林よしのりで、なぜこの
国は狂ったのかを、徹底的に議論する。

現在、応募開始から6日で、170名を突破したが、
『コロナ論3』が発売されたら、三浦瑠麗氏との対談も収録
されているので、さらに応募者が増えていくだろう。
300名を超える応募があれば、締め切り日を待たずに
応募をストップする可能性もある。
秘書みなぼんの当選・返信作業が膨大になる恐れが
あるからだ。

コロナ禍は「国難」である。このような極限状況のときに、
「コロナ脳」になった知識人・言論人・政治家などは全く
役に立たない畜群だった!
極限状況のとき、公共が狂ったときに、知性を失わなか
った知識人として、三浦瑠麗・東浩紀をわしは
評価した。
この二人となら、わしが気がついていない何かを得て、
パワーアップすることができるだろう。

畜群・玉川徹をA級戦犯、いや「永久戦犯」として
葬る運動を始めよう!
何が何でも、一刻も早くコロナ禍を終わらせて、
多くの産業と、文化芸術を救い、自殺に向かう女性を
思い留まらせ、「過去に行きたい」と叫ぶ子供たちを、
地獄の底から救出せねばならない!
諸君!応募を急げ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ