ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.6.3 06:31日々の出来事

尾身茂という裸の権威

5時に起きて、『ゴー宣』第129章の「東京五輪」の章
5p目のネーム修正をやったので、ファックスした。
コンテを差し替えてくれ。

朝から尾身茂の東京五輪否定のスピーチを聞いて、
不愉快でたまらない。
わしの「東京五輪」の意義を語る章は、22日発売の
「SPA!」に掲載されるが、政府よりもっと大切な意義
を描いている。

そもそも長野オリンピックのときは、インフルエンザの
「患者数」が1週間で13万人も出ている!
発症して、病院に行った者が13万人だ。
実際の患者数はその倍以上いただろうし、感染者数
となると、数千万人はいたはずだ。
無症状の者もいるし、日本中でどんどん感染者を
増やしていた。

さらにインフルエンザで127万人の子供が患者となり、

「脳症」で100人も死んでいる。
それなのに長野オリンピックは平然と開催されたのだ。

インフルエンザは恐くないが、コロナは恐いというのは
テレビの印象操作でねつ造された完全な誤解であり、
厳然とした重症者数・死亡者数がデータで出ている。
ウイルスが原因となる同じ感染症なのだから、インフル
エンザとコロナの被害は「比較」するのがサイエンスと
いうものだ。

尾身茂らエセ専門家は、コロナの受容体と、インフル
エンザの受容体の違いもいまだに分かっていないし、
その症状の差も分かっていない。
去年から全然勉強が追いついていないのだ。

尾身茂は、素人を説得するするつもりで、いっぺん
わしと対決してみればいい。
素人が嫌なら、井上正康氏と対談すればいい。
わしを素人だと侮っていても、『コロナ論3』が全国で
売れているし、医者も買ってくれているぞ。

いずれ大学の図書館でも、感染症のコーナーには、
わしの『コロナ論』シリーズが収容されるようになる
だろう。
感染症に関しては、「総合知」で挑まないと、取り返し
のつかない「インフォデミック」になってしまうという
ことが、将来の医学を志す若者にとっての必要な
教養になる。

誰が馬鹿だったか、誰が洞察していたかが歴史に
残されることになる。
どうせ「真実」を残さなければならなくなるんだ。
日本人のために、人類のために、医学のために。

わしのような試みをしている者は世界中にいる。
海外ではそれを医者や感染症の「専門家」がやって
いるが、日本では少数の「専門家」と共に、わしの
ような「素人」までが「インフォデミック」を見破って
しまったというだけのことだ。

滑稽と言えば滑稽だが、尾身茂のような滑稽な
裸の権威がマスコミに重宝され、一国の政治に
まで口出ししていることこそが、滑稽の極みなのだ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ