ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2021.6.10 21:15

【動画配信】コロナも含め、適切な危機管理がまったくできない日本

昨日は、「倉持麟太郎の『このクソ素晴らしき世界』#9」で、アメリカのハドソン研究所研究員の村野将(34)氏とワシントンとつないで70分間、冷戦後~2020年代までの国際政治の分析視座をおさらいしながら、日米関係や東アジア情勢について徹底的に議論しました。

 

結局は安全保障の面でも日本は全く適切なリソースの配分ができない国家であることがよくわかりました。

兵器の値段がどうとか何を何機買ったとか言う前に、ファクトベースで情勢分析をして、一体どこに何がどれだけ足りないのかをシビアに分析する。

これ、コロナも同じですよね。ウイルスの強弱を見極めて、若者は致死率が極めて低いとか飲食店が感染拡大の起点ではないとか、ファクトや科学に基づいた分析はせずに、緊急時多宣言含めアホとしか言いようがない無駄な政策を打ち続ける。

昨日の番組では台湾有事や中国の覇権主義についての危機感も強く感じているという前提で議論しましたが、こんな国では、きっとそのような有事でも適切な対応はできないでしょう。

危機管理と安全保障、シンクタンカーも冷静で理知的な分析はとても示唆的でした。

是非ご覧ください!

https://www.youtube.com/watch?v=uJWaUfRIEcw

倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ