ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.6.25 18:53日々の出来事

スタッフ・編集者・師範らに公開スケジュール

8月発売の『よしりん辻説法』の掲載が早まったので、
全体の締め切りがタイトになってしまったから、もう一度、
スケジュールを書いておく。
東京オリンピックがあるので、『ゴー宣』の締め切りも
変則的になっている。
スタッフは注意してくれ。

今日からわしは『よしりん辻説法』(7月13日発売)の
ペン入れを開始する。
いつも「辻説法」はりか坊とよしりんしか出てこないから、
ものすごくペン入れに時間がかかる。
29日が『ゴー宣』130号『よしりん辻説法』の2本同時
締め切りだから、悠長な描き方はしておれない。
まず今夜、4p上げて、明日の夕方に仕事場に持っていく。

明日、16時から『コロナ脳』(小学館新書)のサインをする。
北海道で宮沢氏もしてくれるだろう。
明日は8時から「オドレら正気か?」の生放送。
生放送が終わったら、『よしりん辻説法』の残り4pの
原稿を持って帰る。
27日(日曜)に最後までペン入れをして、夕方ごろ、
仕事場に持っていく。

29日(火曜)『ゴー宣』第130章の画稿締め切り。
『よしりん辻説法』画稿締め切り。

7月1日(木曜)「東海ゴー宣道場」の応募開始。
この週末から秘書岸端が、「北海道ゴー宣道場」
当選メールを送信開始。

7月3日(土曜)「よしりん十番勝負」開催。
ゲスト三浦瑠麗・東浩紀

4日(日曜)から『よしりん辻説法』(8月3日発売)の
シナリオ・コンテに着手。
木曜までに完成させねばならない。

変則的だが9日(金曜)が『ゴー宣』第133章の画稿
締め切りになっている。翌日わしは札幌に行くから、
木曜までに画稿を上げてくれ。

10日(土曜)札幌行き。
11日(日曜)「北海道ゴー宣道場」開催!
ゲストは、宮沢孝幸・萬田緑平である。

12日(月曜)週刊エコノミスト「闘論席」締め切り。
13日(火曜)東京に戻る。

16日(金曜)変則的だが『ゴー宣』第134章、画稿
締め切り。

18日に、一度「ゴー宣道場」師範を全員集めて
の会食をしたい。
皇統問題で全員のコンセンサスを作りたい。

20日(火曜)『よしりん辻説法』画稿締め切り。

23日、東京オリンピック開催だろう。楽しみだ。

26日(月曜)『ゴー宣』第135章、画稿締め切り。

29日(木曜)「中四国ゴー宣道場」の応募開始。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ