ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2021.7.22 22:18

横取りされている主権を、司法のデザインを通じて取り返せる??~皆さんは裁判所に何を望みますか

昨日は、倉持麟太郎『このクソ素晴らしき世界』 #15 「司法をデザインする~あまり知られてない、この社会を変えるための簡単な“しくみ”のおはなし~」

として、政治に絶望している倉持が、司法のデザインを通じてくらいしか何かを変えられないのではないかとの思いから、現在の司法権、裁判所、最高裁判所を「司法政治学」という最近注目されている視点から分析いたしました。

そもそもなんですが、最高裁は①地裁からの民刑事事件の最終的な審判廷、or ②違憲審査機関

のどちらに比重をおくべきでしょうか?

日本では明らかに①に重きをおいてきました。

では、なぜ違憲審査機関としての機能が弱いのか

・忙しいから

・人事に問題があるから

・民主的正統性が弱いから

・専門性が低いから

・違憲審査機関としての意識が低いから

等々が考えられていますが、これらは実は日本社会の縮図なのです。

司法を通じて、日本社会の問題やアイデンティティに迫ってみたいと思います。

是非、皆さんともこんな議論をしたいので、ご覧いただければ!

動画はコチラをクリック

https://www.youtube.com/watch?v=TLueU8aHt1o

倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ