ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.7.27 10:15日々の出来事

イギリスで(自然な)集団免疫でピークアウトしたか?

イギリスはデルタ株の集団免疫が出来て、ピークアウト
したようだ。
ああやって、何度も何度も新株が出てくるたびに、
イギリスは指数関数的に新規陽性者が増え、
ピークアウトして、一気に下っていく。
そのジェットコースターぶりが外国は凄い。

日本は外国に比べれば、ずーーーーーっとさざ波状態。
だがそれでも虫メガネで見ると、日本も新株が発生する
たびに、陽性者数が上がり、ピークアウトしている。
イギリスがピークアウトしたのなら、日本も間もなくだろう。

日本で高齢者の感染者数が減っているのは、
ワクチンのせいではない。
高齢者にワクチン接種後のPCR検査をしなくなった
からだ。
寝たきり老人の鼻の穴にまで綿棒を突っ込んでいた
からな。
PCR検査は陽性者製造機である。

医療逼迫という脅しはもう通用しない。
その脅しは医師会と厚労省に言うべきで、国民に
その責任を押し付けるのは卑怯だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ