ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.8.10 10:28日々の出来事

矢部万紀子さんの意見を「中四国ゴー宣道場」で聴こう!

「中四国ゴー宣道場」の応募締め切りがいよいよ
来週になった。
皇室について議論すること、特に皇位継承問題を
議論することに対して、人々の関心は恐ろしく低い。
去年の「東海ゴー宣道場」のときも皇室をテーマに
すると、さっぱり集まらなかった。

「ゴー宣道場」の目標として「愛子皇太子の実現」を
掲げているにも関わらず、門下生の中でも中四国に
人を集めようという意識は低い。
それどころか、わしがまだ発表してもいない大阪の
イベントの内容をフライングして発表してしまう者
までいる。
総合Pがわしから得た情報を勝手に漏らすから、
こういうことが起こるのだ。

わしの意識は今、「中四国ゴー宣道場」だ。
応募締め切りは来週火曜!

愛子皇太子が実現したら、すごいイベントを開く計画
があるのに、いつまでたっても実現できない。
わしは尊皇心のみで突っ走ってもこの事態は動かせ
ないと思っている。

「中四国ゴー宣道場」のゲストに矢部万紀子さんを
呼んだのは、「女性の生きづらさ」という視点こそが、
鍵であり、それが世の中全体を内包する天皇制に
欠けている視点じゃないかと気がついたからだ。

イデオロギーではない「フェミニズム」をまったく無視
して、未来の天皇制は安定しないとわしは思う。
その点、里中満智子や綿矢りさは古臭い!
超古臭い!古臭さは伝統ではない!因習である!

わしが『女性論』を再開したら、女性天皇・女性宮家
の問題も描くことになる。
眞子さま、小室氏の問題も遠慮なく踏み込んで議論
しなければならない。タブーはない!
矢部万紀子さんは、わしの取材用人物として呼んだ
ようなものだ。
当日は時間をオーバーしてでも、矢部万紀子さんの
意見を伺いたい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ