ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2021.8.25 17:41

【本日20時~LIVE配信!「民主主義に疲れたあなたへ~個人の行動制限/ロックダウンで私たちは何を得て何を失うのか?」 倉持麟太郎「このクソ素晴らしき世界」#20 presented by #8bitNews​​】

本日は、
として、「ロックダウン」で私たちが得るものや失うものについて。憲法的な観点や法哲学的観点から、ロックダウンと自由について考えたいと思います。
新型コロナに関する政府分科会が「個人の行動制限の法制化」と言ってみたり、まことしやかに政治界隈が「ロックダウン」と叫んでいますが、一体「ロックダウン」て何なの?そんな簡単に個人の行動制限てできるの?一体何の自由とのバランスを考えればよいの?海外はどうしてんの?
私自身疑問が尽きませんが、かなり曖昧かつ漠然なイメージと不安から「ロックダウンせよ」と叫ばれている気がして、そこに強い強い異議申立てをしたい。
なぜなら、我々が民主主義社会に生きるなら、大切なものを知らずに失うからです。
民主主義に疲れたあなた(私?!)へシリーズ月間、とりあえず最終回やで!
今日のキーワードは、「コミュニケーション」
是非、ライブならコメントや質問もドシドシいただければ嬉しいです。
倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ