ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.9.5 12:53日々の出来事

パラリンピックは素晴らしかった

パラリンピックは苦手だ。どうこらえても涙があふれだして
見えなくなる。
感動ポルノにしたくないから超クールに「ようするに水泳
とは手か足の一本だけが残っていれば可能だったんだな」
などと分析して見ているのに、自分の視界が曇って来る。

水泳の鈴木孝幸は仰天した。腕一本でもあんなに速く
泳ぐこと出来るのか!凄いという以外にない。

14歳の山田美幸は生まれつき両腕がなく、下肢にも障害
を抱え、小児喘息を克服するため水泳を始めたというが、
背泳ぎで「銀」を2個もとった。
この子のことは思い出すだけでも目頭が潤むから、わしも
諦めてはいけないと前向きになるしかない。

卓球の古川佳奈美が可愛いすぎて「おお、アイドルだ!」
と胸がときめいたが、「この子ズルい。五体満足じゃないか」
と思ったら、知的障害らしい。
いろんな分野があるようだ。口でラケットくわえて、俊敏に
はじき返す選手もいる。
あれでなぜ狙ったところに返せるのかといえば、首の捻り
方で方向調節ができるということになる。

パラリンピックに子供を招待して観客ありにするという方針
に反対した連中をわしはつくづく蔑む。差別者だと思う。
そのような差別者を育てぬためにも、観客席で子供に見せて、
「生きる」とは何なのかを、リアルに、リアルに考えさせる必要
がある。

一部、子供を入れたらしいが、全試合、観客席の半分は入れても

良かった。

開会式も良かった。
今夜は閉会式を見よう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ