ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2021.9.6 12:49

10代にワクチンなんて狂気の沙汰です

読売新聞が、3日の朝刊で「こびナビ」のワクチン活動家、
木下医師を登場させ、

「日本で接種が進む新型コロナワクチンは、有効性や安全性が
証明されている」
「16歳以上のワクチン接種ではデータの蓄積が十分あり、
有効性や安全性が証明されている。12~15歳も問題なく、
接種をためらう必要はない」

などの意見を掲載していました。

「安全性が証明されている」など、よくそんなデマを言える
なと思います。
新聞もノーチェックで掲載するのだから恐ろしい話です。

イギリスの諮問委員会では、すでに「12~15歳へのワクチン
接種は推奨しない」という声明が出ています。
若い世代に接種後の心筋炎が増えており、
「mRNA COVID-19 ワクチンの接種と心筋炎との関連性を
示す確実な証拠が増えている」

とも述べられています。

若者・子どもにワクチンを打ってはいけません!
それを示すデータなどをライジングに書いたので、
明日の配信で読んでください。

***

そして、ワクチン接種率の低いインドでは、

この数週間、昨年消えていたインフルエンザが復活
しているようです。

インフルエンザは、昨年「感染対策」によって消えたのではありません。

世界中で同時期に消えたんです。
インドと日本が、同レベルの「感染対策」「衛生状況」で

同時期にインフルエンザウイルスを消失させたわけがありません!

その時点ですでにコロナウイルスが蔓延しており、
人々に感染して宿主を占領してしまったので、
インフルエンザが一時的に鎮まっていただけです。
つまり、ウイルス干渉と言われる現象です。

ところが、ワクチンも打たず、超密集状態で暮らすインドでは
デルタ変異の感染爆発で国民の70%が抗体を持つという状態に
なり、その結果、インフルエンザがカムバックしはじめています。

日本でも考えておいたほうがいいと思います。
コロナこわい、コロナこわい、ワクチンくれ、ワクチンくれ、
2回目をくれええ~~! もっとおくれよおお~!
とか、ガンぎまりのシャブ中みたいにギンギラしてる間に、

「どうも最近、コロナの症状なのに、PCR陰性が増えてるんだ…」
みたいなことが起きたっておかしくないと思います。
インフルエンザは、子どもを苦しめます。
子どもにマスクをさせて、友達と遊ばせず、家にとじこめ、
ワクチンを打つかどうかの病的な狂気の議論に巻き込み、
免疫を弱らせていては、インフルエンザに負けますよ。

本当に子どもの体を心配しているのは、誰ですか?

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ