ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.9.13 16:00日々の出来事

「東海ゴー宣道場」明るさが最高だった

「東海ゴー宣道場」『常識の逆襲』ゲストに中川淳一郎氏を
迎えて、明るく楽しく見事な100回記念になった。
こんな鬱々とした時代に、明るく公論がやれる「ゴー宣道場」
は貴重だ。
その環境を整えてくれた東海の設営隊に感謝する。

場外乱闘は中川氏も参加して、すっかり門下生に溶け込ん
で飲みまくり。
わしが疲れて帰っても、まだ飲んでたようだから、信じられ
ない自由さだ。
酒が主食という有り様だから、大丈夫かと心配になるが、
病気をしたことがないと言ってたし、あれはわしの知人では、
もっとも変人かもしれない。

場外乱闘の仕切りに祝砲までぶっ放していたから驚き!
店の人から叱られるんじゃないかと思った。
やっぱり東海の門下生たちは、一番、男子学生的なノリだな。

昨日は門下生の「いっぱち」氏が55歳でキックボクシングの
2戦目の試合をやって、なんと2ラウンドKO勝利してしまった。
録画を見たが、なんという男だ!
「いっぱち」氏は「ゴー宣道場」所属でファイトしてるから、
勝利インタビューでも堂々と「ゴー宣道場」の名を出している。
「ゴー宣道場」って医者からキックボクサーから、いろんな
個性がいて、凄い集団だ。

次回は10月10日(日曜)、岡山で開催される、
「中四国ゴー宣道場」だ。
矢部万紀子さんをゲストに迎えて、「女性天皇・女性宮家は
不可能なのか?」を議論する。
これも楽しみだぞ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ