ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.10.9 10:37日々の出来事

『コロナ論4』の初稿ゲラを読んで歓喜

『コロナ論4』の初稿ゲラをチェックしたが、恐るべき
威力だ。

井上正康氏との『コロナとワクチンの全貌』(小学館新書)
は好調に売れていて、朝日新聞の週刊ベストセラーで
5位になっていた。
医学的知識としてはこれが決定版だ!

『コロナ論4』はビジュアルを最大限に活かして、「ほれ、
見りゃわかるだろう、畜群ども!」という有無を言わせぬ
迫力本となっている。

ビジュアルでエビデンスを突きつける!
伊勢エビデンスもオマールエビデンスも手長エビデンス
も突きつける!
世界中の美味いエビをかき集めて、エセ専門家どもの
ザリガニデンスを一掃する!
だが実はオマールエビはザリガニなのだが、ザリガニ
だってエビの一種でもある。
とはいってもザリガニは臭いから食べたくはない。

最終章の描き下ろしも驚くだろうね。
いやあ、凄い本だ!
発売日が遅すぎるのだけが辛いんだよな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ