ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.10.28 06:53日々の出来事

松田学氏のチャンネルに出てきた

昨日は松田学氏のチャンネルに出てきた。
男系固執派の視聴者が多い番組だが、存分に喋らせて
くれた松田氏に感謝する。

松田氏は男系か女系(双系)か、決めかねている様子だ。
人の発言を評価するとき、難しいのは「世間」の所属に
よって発言の質が変わるということだ。
松田氏はたまたま「男系固執」の世間に所属していた
ために、それ以外の「保守」の考え方を知らなかっただけ
だろう。

「保守=男系」ではない。
わしはわしこそが「保守」と思っているが、だからこそ
皇室の権威を守る態度をとる。
眞子さま・小室圭氏へのバッシングは皇室の権威を失墜
させる極左的行動である。

小室眞子さんのことも、皇位継承問題も、男系固執派
が炎上すること確実な喋りを展開して来た。
動画アップされたら見てくれ。

保守だろうとリベラルだろうと、政治家だろうと一般大衆
だろうと、日本人は「世間」で動く。
「個人」は弱い。
「コロナ脳」も「ワクチン脳」も世間によって造られる。
ワクチン脳も、世間のしがらみの中で接種せねば仕方
なくなり、接種した自分を肯定するためにワクチン賛歌に
加担してしまう。

世間を突破するには、対抗する世間を作らねばならず、
新世間から個人を生み出す工夫をするしかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ