ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.11.2 16:57小林よしのりライジング

過去に学び、海外に学び、劣化日本を救え! ライジング号外配信!

厚労省前にもう一つ「薬害の碑」が
建つ日が来るのか?
小林よしのりライジング号外
配信しました!

今回のタイトルは
「厚労省が忘れた『薬害を学ぼう』」

トップは
泉美木蘭のトンデモ見聞録

厚生労働省のサイトには
『薬害を学ぼう どうすれば防げるのか?
 なぜ起こったのか?』
という一般国民向けに制作された
薬害教育のサイトがある。

日本の薬害の歴史や被害者の声などを
掲載した教本をはじめ、
中学生向けの薬害教育教材や、
指導の手引きまで配布されているのだが、
これを見ると、1950年くらいからの
約50年間に、国が認めた薬害事件だけでも
ジフテリア、キノホルム、クロロキン、
サリドマイド、解熱剤による四頭筋短縮症、
薬害エイズ、C型肝炎、MMRワクチン、
ヒト乾燥硬膜(ヤコブ病)、陣痛促進剤
と、これだけある!

その忘れられかけていた
過去の薬害について学ぶ。
そして、これを過去のものとせずに、
いま最も学ばなければならないのは、
新型コロナワクチンを推進している
厚労省自身である!!

ゴーマニズム宣言
「SNSに【割れ窓理論】を」

眞子さまはご結婚により小室眞子さんとなり、
名誉棄損には損害賠償を請求する訴訟が起こせる
一国民となった。

ところが民間人である小室夫妻に対する
バッシングは止む気配を見せない。
小室圭氏がNYの弁護士資格の試験に不合格に
なったために、またバッシングが盛り上がる状態だ。

この現象は異常者・ストーカーが
起こす類のものであり、
決して野放しにしてはならない。

ストーカーが野放しにされる社会状況は、
SNSの普及で作られた。
SNSがストーカーの声を増幅し、
マスメディアまでが影響され、
一般国民にまで広めていったのだ。

これを放置しておいていいものではない。
ここで対策として想起されるのは、
ニューヨークの地下鉄で応用された
「割れ窓理論」である!

 

 

トッキー

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ