ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.11.13 09:07日々の出来事

自称保守=貢いだ金を返せ派

小室氏が母親の元婚約者(匿名・顔出しなし)に
解決金を渡したそうだ。

借用書もないのに、金渡す必要は本来ない。
このトラブルは慰安婦問題を思い起こすので、非常に
不愉快だった。
「謝罪しろ」「金を出せ」「誠意を示せ」という過去からの
要求はもううんざりだ。

自称保守派は慰安婦問題では、元慰安婦に批判的
なくせに、元婚約者(匿名・顔出しなし)に対しては、
同情的で一切批判しない。

女に貢いだ金も、男に貢いだ金も、何年も経ってから
「返せ」とか「誠意を見せろ」とか言うもんじゃない。

こういう男を見ると、やっぱり「男らしさ」という概念は
必要だなぁと思う。
ヒステリック・フェミがガタガタ言ったところで、「男」と
いう概念は守らなければいけない。

自称保守などの女々しい男ほど、皇統の「男系固執」
や「男尊女卑」から離脱できないが、「男の美学」は
そういうチャチなものではない。
ヒステリック・フェミと、似非尊皇・誹謗中傷保守は、
同類なのだ。

ちなみに「女々しい」というのも、フェミには嫌悪
される言葉である。
だが自称保守の態度は女々しいと評すのが一番
しっくりくるものであり、小室眞子さんの態度こそが、
凛々しい、雄々しい態度と言えるのだ。

今回の小室氏、その母親、そして眞子さまへの執念
深いバッシングによって、はっきり分かった。
自称保守とは「貢いだ金を返せ」と平然と言える
女々しい男たちと定義しよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ