ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.11.18 13:26生放送

明日夜7時から『コロナ論4』発売記念生放送・井上正康先生に質問!

『ゴーマニズム宣言SPECIAL
コロナ論4
ワクチンの「嘘」とファシズム化する日本』
本日発売!!

 

明日夜7時からは、
『コロナ論4』発売記念、
「オドレら正気か?」生放送です!

10月30日の「オドレら正気か?大阪LIVE」の前に
井上正康先生への質問をブログによしりん先生が
上げていましたが、登壇者が多かったこともあって、
十分に質疑応答を行う時間が取れませんでした。

改めて明日は、これらの質問から
回答していただくそうです!

 


 

〇空気感染を信じて、糞口感染を否定する立場から、「肛門から出るコロナウイルスの感染力は弱い?」という意見があるが?

〇感染者激減の理由は、コロナがウイルス変異で自壊するから?

〇ワクチン接種後、感染しても、重症化は予防できる?

〇スパイクタンパクを体外に出す方法はないのでしょうか?

〇インフルエンザも遺伝子ワクチン・筋肉注射にするべきか?

〇ブレイクスルーとADEの違いは?

以下は研究者からの質問です。

〇口腔→血流→腸管→→呼吸器系という侵入経路については、レセプターの組織における発現量(あるいは細胞表面に提示されているレセプターの数)が侵入経路に依存して豊富になっているのならば、科学的には非常に妥当かと思います(血栓による障害により肺血管床が減少し、最終的に呼吸器が重症化する、という説明も納得であります)。
ただ、そうすると気になりますのが、コロナウイルスが“血中に局在するフェーズがあるということになり、液性免疫におけるコロナに対する抗体は、実際にはIgGが結構メジャーになるのかどうか?ここが、ちょっとわからなくなってきました。
自分は、コロナウイルスは血中には存在せず、むしろ粘膜免疫をベースとしたIgAが抗体としてメジャーなのかと思っておりました。

〇ウイルス干渉(現象)はマクロの現象として正しいと思いますが、ではミクロのレベルではどのようなメカニズムになるのだろうか(特に宿主のレセプターが異なった場合、どうなるのだろうか)?

〇ACE2にコロナのスパイクタンパクが吸着すると、その細胞にアポトーシンが起こるというのは、確かに衝撃的な内容です。
なぜならば、ACE2はプロテアーゼであり、あくまでも血中に存在するアンジオテンシン前駆体を切断する酵素であり、アポトーシスを生じさせるようなシグナルを伝える機能があるようには思えないからです(しかし、引用された論文によると、生存シグナルと言われるAKTの活性化(リン酸化)は消失し、逆にMDMという細胞増殖を抑制する因子が活性化しているようなので、経路はわかりませんが、アポトーシスに向かっている感じは致します)。ここは、どうなっているのだろうか?

 


 

どうぞお楽しみに!

YouTube小林よしのりチャンネルβ、
なぜか、というのもなんですが
まだ無事なので、こちらでも放送します!

世界のゴー宣ファンサイトで告知していた
井上先生の講演会の動画はあっという間に
削除されたそうですが、一体どういうこと
なんでしょうね…?
届け!ゴー宣ファン放送局 · 2021/11/16
「井上正康先生の講演会のYouTubeが削除されました」

ニコニコ生放送はこちらです!

YouTube削除に備えて、こちらも
タイムシフト予約しておくことをお勧めします!

 

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ