ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.12.1 09:16日々の出来事

子供のために『コロナ論』を描くしかない!

昨日は『ゴー宣』第149章のわしのペン入れを上げた。
小雨になったら、秘書みなは原稿を取りに来てほしい。

今日から『よしりん辻説法』の単行本用描き下ろしの
シナリオに着手する。

『コロナ論4』はAmazonでは在庫切れらしい。
いつも在庫切れになるな。
2刷りが出回るのは来週のようだが、またすぐなくなるん
じゃないか?

「モーニングショー」はワクチンを「早く3回目を打て」
「すぐ打て」と猛烈にせっついているが、「もっと副反応
を増やせ」「もっと被害者を増やせ」「もっと後遺症を
増やせ」と絶叫しているのも同様だ。

ワクチンへの警戒感は潜在的に高まっているのだから、
『コロナ論4』が売れてしまうのは仕方がない。
被害や警戒感がなければ、売れるはずがない。
わしは『コロナ論』で食っていかなくてもいいし、どうしても
描かなければならないテーマがあるのだから、コロナ禍、
ワクチン禍が終わって、商売にならない方がありがたい。

だが、子供にまでワクチン打たせようという流れになるのは
防がなければならない!
子供への危機が去るまでは描き続けるしかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ