ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.12.4 11:08日々の出来事

心配すべきはオミクロンではなく、ワクチンだ。

オミクロン株は、まだ死者も出てない、無症状か軽症
ばかりなのに、煽りまくって鎖国にしている。
しょせん風邪なんだから、重症者や死亡者が増えたら、
慌てればいい。
今はこの空気の美味しさをマスクを外して存分に味わ
えばいいだけだ。

韓国やニュージーランドみたいに、鎖国にしたり、
ロックダウンしたりしても、結局、国を開くときは来る
のだし、いつの間にか新規感染者が増えてしまう。
感染対策の優等生だった国も、今や感染爆発で
四苦八苦。

日本のように武漢株から順番に全部、入れてきた
国が結局は一番コロナに強い国になった。
日本しかり、インドネシアしかり、インドしかり、
ブラジルまでもう沈静化している。
自然感染による集団免疫が一番の感染対策だから
当然だろう。

逆に感染者が増えている国はワクチン接種に頼った
ドイツ、フランス、イギリス、アメリカだ。
ヤバいことに自然感染による集団免疫を確立していた
スウェーデンまでが、ワクチン接種後、感染者が若干
増えて来つつある。

日本はもともと風土病としてのコロナ風邪の中和抗体
がある上に、ワクチン接種より先に、自然感染で集団免疫
が完成していたから、なんとか抑え込んでいるのだろう。
ワクチンのおかげだと勘違いして、3回目の接種を進め
たら、ブレークスルー感染やADE感染が起こって、
今から感染者が増えてくる可能性がある。

心配すべきはオミクロンではなく、ワクチンだよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ