ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.12.16 07:10日々の出来事

現場を持つ個の連帯がついに叶った

昨日、「世界のゴー宣ファンサイト」のカレーせんべいから
電話していいか?とメールが来たので、こちらからしたら、
西日本新聞に意見広告を載せた「たけし社長」に替わる
と言う。

初めてたけし社長と挨拶したが、緊張してるようでも、
お金の心配はないという自信だけは伝わった。
西日本新聞への激励の声が圧倒的に多くて、他の新聞社
のワクチンに関する広告のハードルが下がったようだ。
今後も続々、広告を出していくと言う。

「ゴー宣道場」には一度も行ったことがなくて、それでも
わしの愛読者に大金持ちがいるということが愉快だが、
かつて薬害エイズ事件で国と戦っていた頃は、協力者は
学生だった。
だから「日常に帰れ!現場で個を鍛えろ」と最後にわしは
『脱正義論』で訴えたが・・・・

あれから20年が経ち、当時の若者がみんな成長して、
「現場を持つ個の連帯」が本当に叶ってしまった。
すごいことがあるもんだ。
たけし社長は、今後も全国の子供を守るために戦うつもり
だ。みんな、応援してあげてほしい。

『コロナ論』も来年は扶桑社が全体主義に風穴を開ける
べくプッシュしてくれる予定がある。
『ゴー宣』はやっぱり合体ロボで、真の「国民」のために、
全集中、全協力して、理不尽な全体主義・同調圧力を
崩壊させる役目を果たすだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ