ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.1.24 07:15日々の出来事

『ゴー宣』読者は「全体主義」を突破する

昨日の朝日・読売新聞に載った『コロナ論』のカラー
全面広告は、どえらい反響になった。
中には「サンタフェ以来の衝撃」などと言う人もいた。
若者はもう「サンタフェ」知らないだろうが、宮沢りえの
ヌード写真集だ。

『コロナ論』の広告は最初、子供のワクチン接種への
意見広告みたいな作りだったのだが、それはさすがに
扶桑社内から止められた(笑)。そりゃそうだろうな。

福岡のたけし社長がまず地方紙からの意見広告で
全国紙の包囲網を作る作戦を行なっている。
これに賛同して、全く普通のサラリーマンの『ゴー宣』
読者まで、地方紙に自腹で意見広告を出しているの
だから凄い!

3月の子供の接種を警告するのに間に合わせるには、
まず地方紙の包囲網からという作戦は正しい。
全国紙に意見広告を出すのは、かなりハードルが高い。

しかし、今回、最も部数が多い全国紙に『コロナ論』の
カラー全面広告が載ったおかげで、『ゴー宣』読者が
地方紙に載せている意見広告の「参考文献」に箔が
ついたのではないか?
彼らは「参考文献」に『コロナ論』を出してくれている。

今回、朝日・読売に載った「祝・ゴーマニズム宣言30
周年」というのも、大いに効果を発揮するだろう。
30年も続いている言論・思想漫画は、いまだに戦いを
続けていて、今も「空気の支配」や「全体主義」に屈して
ないのだということを、全国の読者に知らせることができた。

商売で描いているとか、くだらないいちゃもんを河野太郎や
玉川徹やクソ左翼どもが言うが、それは「売れている」ことへ
の危機感からだ。
漫画で描けば、誰でも売れるわけではない。
あくまでも小林よしのりの「思想」と「エンターメント性」の
才能が突出しているから売れるのだ。
普通の活字本より『ゴー宣』の活字の量の方が多い。
頭のいい読者がいるから、『ゴー宣』が売れるのだ。

おかげで「全体主義」に屈しない者たちが『ゴー宣』を
支え、わしの戦いを支えてくれている。
全新聞記者に言うが、過去の戦争の反省をするならば、
「全体主義」に屈しないことだ!
「全体主義」に風穴を開けてくれた扶桑社の決断に
感謝する。
ハンナ・アーレントが言ったように、「多様な意見」の
存在こそが、「全体主義」を防ぐ条件なのだ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第106回

第106回 令和4年 7/10 SUN
14:00

テーマ: 女性天皇と女系天皇は違う?(はてな)

INFORMATIONお知らせ