ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.2.24 08:06日々の出来事

スタッフと編集者と読者のために、4月上旬までのスケジュールを公表

昨日から『よしりん辻説法』のペン入れをやっているが、
今日のなるべく早い時間に上げたい。
午後からは『ゴー宣』第156章のコンテをやるつもりだ。

「SPA!」のスケジュールが出たので、今後の予定を
スタッフに知らせておく。

最初の難関は3月1日(火曜)、『ゴー宣』第156章
画稿締め切りと、『よしりん辻説法』の画稿締め切り。
2本同時締め切りに間に合わせなければならない。
あと5日だが、わしがまだ『ゴー宣』のペン入れを終えて
いない。
『コロナ論5』の締め切りに間に合ったので、油断していた。
かなりヤバい。
火曜は『小林よしのりライジング』の配信もある。

わしは、来週は「ファクターZ」に集中したい。

3月5日は「オドレら正気か?」生放送をやる。

2月27日が「ゴー宣道場」応募の締め切り。
3月13日は「ゴー宣道場」開催。

14日(月曜)、『ゴー宣』第157章、画稿締め切り。

18日あたりから、わしは『よしりん辻説法』のコンテに着手。

20日(日曜)が「オドレら正気か?Special第2弾」

21日(月曜)『ゴー宣』第158章、画稿締め切り。

24日(木曜)『コロナ論5』発売!
24日から、チーフ広井が休暇をとるので、本来28日、
画稿締め切りの『ゴー宣』第159章を、23日(水曜)までに
完成させてくれ。
わしも25日は福岡、そのまま一週間、カンヅメに入って、
「ファクターZ」の最後のコンテを上げる覚悟だ。
この週の外からの連絡は断つ。

4月11日(月曜」、『ゴー宣』第160章、画稿締め切り。

4月12日(火曜)『恋愛論』基礎編、発売!
12日(火曜)は『よしりん辻説法』画稿締め切りでもある。

この予定の合間を縫って「ファクターZ」を進めてくれ。
早ければ夏、遅くても秋には発売できるはずだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ