ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.4.22 08:22日々の出来事

次から次にコロナか?

秘書みなぼんが回復したかと思ったら、宇都くんが喉が
痛いと休んでいて、といっても熱は36度〜37度のあたり
というから、わしの平熱と変わらない。
これでコロナかどうか分からないが、検査キットの郵送を
待っている状態だ。
結局、昨日の画稿締め切りは宇都くんぬきで間に合わせた。

ところがその後、ポカQが熱が出て、喉が痛くなったらしく、
早退してしまった。
これもコロナなのか?
秘書みながコロナで長期休養したから、コロナ休養運動が
始まったのかと思うくらい、次から次に熱っぽい、喉が痛い
と言って、休んでいる。

来週(木曜)が『ゴー宣』第162章の画稿締め切りだが、
間に合うのだろうか?
ペン入れ準備をしてくれなければ、この週末にわしの
ペン入れを済ますこともできない。

しかし、「SPA!」の担当氏もコロナで休んでいて、ようやく
出社したらしく、わしの周囲はコロナだらけだ。
みんな症状は軽く、喉が痛いと言っている。
コロナに罹らないのは、チーフ広井と、トッキーと、わし
だけだ。

罹らないと言っても、どこかで曝露・感染してるのだろうが、
無症候感染かもしれず、風邪程度で自分の免疫で治し
てるのだろう。
コロナにせよインフルにせよ、全然罹らなかったら、却って
マズい。
免疫の軍事訓練が出来ていなければ、どうせ罹った時に
重い症状が出るだけだ。

「風邪はひくもの、コロナも同じ」という常識を取り戻すために、
『コロナ論5』を読んで欲しいものだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ