ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.4.30 11:33メディア

「西日本新聞」に2度目の意見広告掲載!

西日本新聞に、
『厚労省ホームページから
「未成年接種」を考える」意見広告
2度目の掲載です!
『コロナ論5』も載ってます!

「世界のゴー宣ファンサイト」から、
多額のご寄付をされた佐賀県在住の
「枯れ尾花」さん(診療所院長・58歳)の
コメントを転載します!

 


 

新型コロナウイルス感染症が日本人にとってそれほど恐れる必要がないと思えたのは、私がゴーマニズム宣言の長年の愛読者であり以前より小林よしのり先生の慧眼に敬服しており、先生のコロナに対する知見と泉美木蘭さんのコロナ関連の記事を読み、それと自分が医学生時代に学んだ感染症学やその後の医者人生で得た知識の双方を照らし合わせてみてのことでした。

小林先生がインフルエンザという馴染みのある感染症との比較を最初にされたこと、これは流石だと思いました。

しかし、その後、世の中はテレビに出てくる専門家の過剰な感染症対策で人と人が気軽に関われないような息苦しい環境へと変貌していきました。

例えば不織布マスクではコロナウイルス感染はほとんど予防できないはずなのですが、人と接する機会のある場所では常にマスク着用といったそんな非科学的なことを推奨し続ける状況に辟易していました。

まあ、それでもマスクくらいならさほど実害はないかと半ばあきらめムードで日々をやり過ごしていました(実はそうでないことは後々気付かされるわけですが)。

このような心境が大きく変わり危機感を感じるようになったのは、遺伝子ワクチンの接種が十分な検証なしと思えるのに開始されてからでした。

私は食品で例えば納豆など遺伝子組み換えでないという文言を確認してから買うという位、遺伝子云々という言葉に対し、まだ解明されていないことの多い科学の領域であると認識し警戒していました。

そんな中、ゴー宣で井上正康先生のことを知り、さらに先生の著書を読んだり動画での発言を聞きその危険性を理解し戦慄しました。

世界中ではすでにワクチン接種が始まっており心配されているようなことが杞憂に終わることを期待していました。

しかし、現実には今日ワクチンによると思われる重い副作用で苦しむ人や亡くなる方が多数みられるという事態になってしまいました。

政府はそのような深刻な状況に対して真剣に対策を講じることはなく、むしろそうゆうことはないといった態度を示されることに強い不信感を抱きました。

そしてワクチンによる薬害は大人だけにとどまらず、そもそもコロナで重症化することなどほぼない健康な若者や未成年者にまで及んでおり、これから大変なことになりはしないかと不安な気持ちで日々過ごしていました。

私の診療所に通われてくる方たちの中にもワクチン接種後に例えば40代男性が吐血したり、接種後に2か月ほど寝込んでしまった20代男性、接種後強い頭痛のため脳外科受診し脳梗塞を指摘された40代女性など重い症状で苦しむ方々が複数名みられるようになりました。

どの方の場合もワクチンとの関連が強く疑われました。

周囲に合わせてワクチンを打つことが国民の義務のように思われている方だったり、本当は打ちたくないのに仕方なく打たれる方だったり、コロナに対して効果があると思われて積極的に打たれる方だったり接種する理由は様々でした。

私はこれまで診療の中などで新型コロナの実態や遺伝子ワクチンの怖さについて自分が知り得たことを患者さんや知人に伝えたり、小林先生のコロナ論や井上先生の本を購入し興味を示される方には手渡し、図書館に寄付したりとワクチン被害を少しでも減らそうと思いつくことをやってみましたが、結局周囲の大人の9割くらいの方はこのワクチンを接種されました。

また、この頃私が一つ気になっていたことは地方紙に載せられるお悔やみ欄の死者の数が例年より多いのではないかということでした。多くの方が気付かないうちにワクチンによる犠牲になっているのではないかと危惧しました。

何とか多くの人たちにこの危機感を共有してもらいたいと思っていた矢先、たけし社長の意見広告の存在を知り、これは現状打破の手段になるのではと思い協力させて頂くことに致しました。

私が皆さんに伝えたいこと。それは、特に未成年者へのワクチン接種について、大人は最大限の警戒心を持ってマスコミから与えられる情報だけでなく、自らも積極的に情報収集して頂きたいということです。

そうすればこの物質が接種させていいものなのかそうではないのか、おのずと答えは出てくるはずです。

 


 

「地方紙に載せられるお悔やみ欄の死者の数が例年より多い」とか、
生活実感のあるゾッとする話です。
何としても、一刻も早く、実態を明るみに
出さなければならないと強く思います。

お時間のある方は、
「西日本新聞」掲載紙面への
ご意見・ご感想も、
どうぞよろしくお願いします!

https://f.msgs.jp/webapp/form/13614_qdu_361/index.do

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ