ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.5.22 07:23日々の出来事

思想をとるか?世間をとるか?

昨日の「オドレら正気か?」生放送は、15日の
「よしりん十番勝負」の真相をとことん喋ってしまった。

結局、「男系固執村」という集団が出来上がってしまって
いて、その住民を相手の言論商売をしていたら、
真実は見えなくなる、見たくなくなるということだ。
それは「思想」じゃない。

自分の支持者を「論理」で説得するか、あえて切り離す
勇気がなければ、自分を欺く言葉しか出せなくなる。
欺瞞のタコ壺に自ら嵌っていくしかないから、「思想」が
なくなり、ムラの掟を復唱するしかなくなる。

自分のプライドが保てれば、皇統が絶えてもいいのかも
しれない。
そういう連中は「保守」を自称しているが、やってることは
皇室破壊を企む「極左」である。

「側室なしの男系」しか認めないというのは、男系カルト
だが、「女系しか認めない」と主張する女系カルトなど
この日本には存在しない。
我々は男系でも女系でもいいと言っているのであって、
「双系」で皇統を千年万年、維持しようと言っているのだ。

迂闊に言葉を吐くと、その人物の思考回路も、人格も、
全てが見抜かれてしまう。
議論とは恐ろしいものだ。
まるでストリップショーのようなものだ。

ちなみに我々はいつまでも「女系容認」という言葉を
使っていてはダメだ。
田中卓氏が言っていたが、「女系公認」と言わなければ
ならない。

もっと正確に言うならば、「女系」とは、女から女へ延々と
相続が続く家系のことで、婿養子が何代も続かねば
ならない。
たった一人、女が入ったら、その後は全部「女系」
なんて定義が狂っているのだ。
カルトというのは何から何まで狂っている。

お天道様が見ているから個を貫くという人物など、
日本には小林よしのりしかいないのであって、
99・9%の日本人は、世間の視線でしか動かない。
コロナ禍を見ても、男系固執禍を見ても、世間には
逆らえないのが日本人である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第106回

第106回 令和4年 7/10 SUN
14:00

テーマ: 女性天皇と女系天皇は違う?(はてな)

INFORMATIONお知らせ