ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2022.6.11 18:20皇室

皇室愛、ぜひ語って!!!

高森先生におすすめしていただいた
義江明子著『女帝の古代王権史』を読んでいる。
なかなか理解が追いつかない面もあるのだけど、
古代の日本の王のありようが様々な観点で検証され、
非常に興味深い。
読み進めれば読み進めるほど、いかに
「皇位の男系男子継承は”伝統”」というのが表面的で、
シナ文明の影響を受けたものかということがわかる。

倭の社会の親族構造は双系的なものだったので、
世襲王権のもとでは男子だけでなく女子も
王位継承候補となり、統治能力にすぐれた女性王族は、
状況に応じて群臣の支持を集めて王位に就くことが可能だった。
双系的親族構造と王を”えらぶ”システムの存在が、
女性を排除しない古代王権の特質につながったといえよう。

ふむふむ、なるほど。
シナ文明の影響を受けていない頃の日本は、
もっとしなやかだったのだろうなあ〜。

私自身、歴史といえば近現代史ばかりで、
明治以降のことしか頭になかったけれど、
ここ数年で縄文〜古代にハマり中。
そうやって歴史を行ったり来たりしていると、
男系原理主義者の叫ぶ「伝統」の空回り感がハンパない。
がんばって読了するぞ。


さて、ゴー宣サポーターの間では、いま
「皇室を支える国民にインタビュー!
〜あなたの『お宝』エピソード教えてください!」
というコーナーを愛子さまサイトで展開している。
皇室を意識したきっかけとか、
皇室がなくなってしまう危機感についてどう思うかとか、
いろんな質問項目が用意されていて、
そこから選んで回答するしくみ。
担当しているのは関東サポ・まーさんですが、
うまいこと編集しているなあといつも思って見ている。
「へえ、この人にこんなエピソードあったんだ」とか、
「意外と熱い思いを持っているのね」と
新たな発見もあったりする。

別にサポーターでなくてもOK、
多くの方に皇室への思いを語ってほしい。
良識あるマジョリティがサイレントのままでは、
愛子さまは天皇になれない。
男系男子継承のままでは皇室はなくなってしまう。
そして皇室入りした女性は男子を産むことを強制されたまま!
古代日本より退化(!!)しているゴリゴリ男尊女卑的発想を
このままのさばらせていいのか!?

・・・ちょっと思いを語ってみようかな、という方は
こちらをポチって回答してみてください♬
https://forms.gle/8B8HYMXH4Qq2byQo7

しかし愛子さまサイト、充実度がすごいよね・・・。
Q&Aでは、皇室の制度とか詳しく書かれている。
いつの間にこんなアップデートしたんだ?
東海サポL.Kさんの文章は骨太で安定感がある。
これも最近の発見です。
https://aiko-sama.com/
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ