ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.6.29 09:24日々の出来事

終わったはずの価値相対主義の、亡霊が跋扈している

「価値相対主義」の問題は、すでに結論が出ていると
思っていた。
まさか「ウクライナ戦争」で「どっちもどっち」で
善悪の判断を忌避する者が、しかも西部邁の門下から
出て来るとは、まったく唖然とするしかない。

かつてオウム真理教問題で、「価値相対主義」が横行
したときも驚いたが、当時の「SPA!」がそっちに
傾いて、わしに対して「オウムは悪くない」という
投書が殺到したから、わしは「SPA!」をやめたので
ある。

そしてわしが西部邁の「発言者」に登場するように
なったのは「価値相対主義」の克服で、西部氏と
話が合ったからである。

わしはオウムに暗殺計画をたてられて、VXガス団に
尾行されていたので、「オウムとマスコミ、どっちも
どっち」なんて知識人ゲームをしている余裕など
なかった。
オウムが生き残れば確実に殺されていた。

つまり、当事者か他人事かの差が「価値相対主義」を
生むのである。
「クライテリオン」はウクライナ戦争が他人事なのだ。
ところがわしは日本人として、他人事にはなれない。
ゼレンスキーは善、プーチンは悪!それが判定だ。

しょせん他人事の「価値相対主義」になるのは、
臆病者の戦後民主主義サヨクと同じ心性を持っている
からだ。
彼らはわしの『戦争論』にすら、まだ追いついて
いなかった!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ